Freyja ZPTエンジン

ZPTはZope Page Templateの略で、もともとはPythonで書かれたWebアプリケーションサーバ 「ZOPE」のために考案されたビューテンプレート言語です。 今では様々な言語用のエンジンが開発されています。

FreyjaのアーカイブにはFreyjaを使って実装されたZPTエンジンが含まれています。

Freyja ZPTエンジンにはTAL、TALES、METALといったオリジナルのZPTの特徴のほとんどが実装されています。 Python特有の機能は可能な限りJavaにフィットするように置き換えられています。

動作環境

ZPTエンジンは単体でも利用可能ですが、サーブレットとして動作させることもできます。

サーブレットとしてはServletAPI2.3以上に対応したサーブレットコンテナ上で動作します。

次に何をすればいいの?

ZPTの構文を知りたければ、 ZPT構文チュートリアルを読んで下さい。

とりあえずサーブレットとしてZPTエンジンを動作させてみたければ、 3分間チュートリアルを読んで下さい。

開発中のWebアプリケーションに画面テンプレートエンジンとしてZPTエンジンを組み込みたければ、 Webアプリケーションへの組み込みを読んで下さい。

オリジナルのZPTとの違いを知りたければ、 オリジナルのZPTとの違いを読んで下さい。

ZPTエンジンの設定方法について知りたければ、 設定リファレンスを読んで下さい。